トップページ
 瓦葺き替え
葺き直し価格
スレート材から
の葺き替え
ガルバリウム
鋼板メーカー
相談
問い合わせ
サイトマップ



瓦のガイドライン(耐震)工法

 

 阪神大震災の震度6強でも崩れない耐震工法

   1995年の阪神大震災を再現した実験では、耐震補強をした家(左の家)と補強をしていない家との違いです。 
震度7クラスの揺れを再現した結果、補強をしていない家は、完全に崩壊している。 両方、在来工法での家
しかし、注目すべきは、崩壊した家の屋根です。 写真右が、崩壊した家の屋根です。 見て分かる通り、瓦は
一枚も落ちていないばかりか、剥がれ、欠け、ズレもないです。 これが瓦の耐震工法です。 
勿論補強をした家の屋根も何事もなかったのです。 耐震工法の効果です。
 
  震度7クラスでの実験
耐震対策をした家; 左
していない家:    右(崩壊)
崩壊した家の屋根の様子
 

 耐震工法、ガイドライン工法の解説;

   具体的な、この耐震工法は、今まで瓦の施工は、桟木に1枚の瓦の爪を引っ掛ける引っ掛け桟工法でした。
なにも、固定されていないのが普通であり、瓦にも釘で固定する穴も空いていませんでした。 また東日本大震災でも、多くの瓦屋根で棟が崩れてように、従来の棟も練った土の上に熨斗瓦と冠瓦を乗せているだけで、針金は積んだ熨斗瓦、冠瓦を繰っくっただけのものでした。 ですから瓦屋根は地震に大変弱く、阪神大震災を
契機に瓦の耐震工法が、開発されました。 詳しいことは「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」冊子を参考に
して頂きたいですが、-- http://www.kawara.gr.jp/33_guideline/gl3.shtml - - その一部をご紹介いたします
 
  横に渡した桟木に向かって、瓦の1枚1枚をステンレスの釘にて、止めていきます。 葺き替える場合、古い瓦を耐震工法で施工することは、元々固定用の釘穴が
空いていないのでできません。
横桟木に固定したら、縦方向にも、釘で止めます
横方向、縦方向両方釘で固定すればかなり
しっかり固定できます。 
 
  一番弱かった、棟部分は、長いステンレスの釘で
棟部分の入れた心木に向かって打ち込み固定。
この固定の仕方は、熨斗瓦をどの位高く積み上げるのかによって、釘の長さが変化しますが、その考え方は、同じです。
これらが、ガイドライン工法(別名;耐震工法)です。
ガイドライン工法;施工書; http://www.kawara.gr.jp/33_guideline/guideline.pdf

 瓦屋根は地震に弱い??

  1995年1月17日、早朝6時少し前、轟音とともに阪神大震災が起こりました。私は、当時転勤で大阪の豊中市に住んでおりました。 震源地の神戸から40Kmほど離れていましたので、住んでいたマンションは、大きな被害はなかったのですが、それでも震度6強の揺れです。周りの一戸建てのうちの屋根はほとんど被害を受け、あちこちに青いシートがかけられていました。 そのとき、「瓦葺きの家はまず屋根に被害が及ぶ」”これから”家を建てるのなら、瓦葺きにしてはならない。と強く思ったものです。 (新築の屋根は、瓦にしては地震に対して弱くなる) ところが、この考えを否定する工法が開発されていたのです。

「ガイドライン工法」は、この阪神大震災を教訓として開発が進められ家が倒壊しても、屋根、瓦は、生き残るという優れた工法です。 次のURLからその様子が分かります。
   http://www.kawara.gr.jp/33_guideline/gl3.shtml

独立行政法人防災科学技術研究所が行なった実験で、住宅(無補強)、耐震補強を施した住宅(補強)を同時に揺らしたうえで、その倒壊状況を比較しましたものです。 もともと、屋根を対象とした実験ではありませんが、実験では、ガイドライン工法の優秀さが見て取れます。
(住宅は倒壊しているが屋根は損傷がありません)

この実験の結論では、
建築基準法では、屋根の種類によって躯体の強度を決めることになっています。屋根にあわせて柱の太さや壁の量を決めるのがルールです。「屋根を軽くすれば耐震性能が向上する」というものではありません。 と言っています。 つまり、瓦は、きちんとした工法で施工すれば、地震に弱いとは言えない屋根の重さで地震に弱くなるとは言えないということです。 ですから、これから家を建てようとするなら、屋根材料で一番耐久性のある瓦を安易に外しては、いい家はできないということです

屋根葺き替え情報・価格・トップページ

屋根葺き替えのご相談、工事の依頼、問い合わせ、疑問
屋根についての価格・相場・概算の問い合わせ、何か思われましたら、気兼ねなく
0120−58−1152 屋根葺き替え価格ドットコムまで・ ・ ・
Copyright (C) Nobilis Works All rights reserved  「屋根葺き替え情報・価格・相場」